catch-img

知れば作りたくなる。奥深い刺繍グッズの世界。

刺繍と言えばどういったイメージをお持ちでしょうか。「高級感があってオシャレ」こういったイメージをお持ちの方が多いと思われます。Tシャツやパーカーなど、インクジェット、シルクスクリーンといった印刷ではなく、刺繍でワンポイントあしらっただけで無地のボディが見違える程オシャレに見えたりしますよね。


その反面グッズ化となると、「単価が高いイメージがあってあまり進んではやりたくないかな」。(営業談1)「キャラクターの再現性が悪くて、監修時に苦労しそう」。(営業談2)といったネガティブなイメージがあるのも事実ですよね。


今回はこのネガティブなイメージを払拭できるご提案をさせていただこうと思います。2018年、自社工場に刺繍機を導入してから、様々なご要望をお客様からいただきました。その一つひとつにお答えしてきた経験をもとに紹介をさせていただきます。


最後までお読みいただく頃にはきっと自信を持って刺繍グッズの企画を立てられるようになっていただけると思いますので少しお付き合い下さい。

その前にまず、刺繍の歴史についてさくっとご説明いたします。




1.刺繍の歴史。

刺繍の歴史を遡っていくと、古代エジプトまで到達すると言われております。
一説では古代エジプトよりも歴史は古く、起源を遡ることは不可能だと言われる程、長い歴史を持っているとも言われています。

その文化は、古代エジプトから古代ローマへ、そしてヨーロッパ、中国を経て日本へ伝来いたしました。


日本では、縫い目に呪力が宿るとされおり、大人の着物に比べ、縫い目の少ない子供の着物には悪いモノが寄り付きやすいと考えられていました。その為、子供を守るために着物の背中に「背守り」と呼ばれる刺繍を施す風習があり、一般層まで普及していきました。


2.デザインの再現性。


正直にお話しをすると、線の細いキャラクター登場するようなコンテンツでは、監修に相当苦労すると思われます。納得のいくクオリティのモノを展開することももしかしたら難しいかもしれません。かと言って、モチーフやロゴだけの展開というのも定番でありきたりだと思います。


そこでご紹介したいのが、こちらのグッズ展開です!

「楽天イーグルス選手ミニシルエット刺繍グッズ・5選手バージョンを新発売!」

https://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00001966.html

(C)RAKUTEN BASEBALL, INC. All Rights Reserved.
引用元:東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト


岸選手、則本選手、田中選手、銀次選手、嶋選手といった東北楽天ゴールデンイーグルスが誇る人気プレイヤーの特徴的なポージングをシルエット化して刺繍を施したグッズになります。

アニメグッズ業界にとって、今一番考えなくてはならない「普段使いできるデザイン」ということにも対応ができる展開だと追われます。コンテンツとしては、「ドラゴンボール」や、「ジョジョの奇妙な冒険」といったジャンプ系のシルエットでキャラクターの見分けがつくタイトルなどは打って付けかと思います! 黒色・銀糸を使用すればより高級感を出したシルエット刺繍バッジができそうですね。

商品名:ミニシルエット刺繍Tシャツ グレー(画像は岸孝之選手モデルになります)
価 格:3,000円(税込)

商品名:ミニシルエット刺繍ダークデニムキャップ(画像は銀次選手モデルになります)
価 格:3,500円(税込)

商品名:ミニシルエット刺繍デニムポーチ(画像は嶋基宏選手モデルになります)
価 格:1,500円(税込)

商品名:ミニシルエット刺繍ハンカチ(画像は田中和基選手モデルになります。)
価 格:880円(税込)




3.単価について

刺繍のネックになるもう一つの点がパンチ代(型代)ですよね。弊社では、一般的に15,000円~20,000円かかる所を平均8000円~10,000円と割安で製作をさせていただいております!

それでも単一商品で製作をするとなるとネックになる金額ですよね。東北楽天ゴールデンイーグルスのグッズ展開のように、同一型で複数のSKU展開をすることで、全体のコストも下げることが可能ですね。また、リアライズが自信をもっておススメしたい刺繍グッズが「刺繍バッジ」です!
皆様もご存知の通り、上代価格も安くできるこちらのグッズは、エンドユーザー様にとっても手に取りやすく満足いただけるグッズになるでしょう。

具体的なコストとしては、


表1. 38mm缶バッジ価格表

ノーマルバッジ
刺繍バッジ
100個
@54円
@237円
300個
@53円
@234円
500個
@47円
@225円
1000個
@45円
@221円
2000個
@44円
@218円
3000個
@43円
@215円
5000個
@42円
@212円
10000個
@40円
@208円



このような価格で製作が可能でございます。



4.刺繍バッジのトレンド(ニーズについて)


刺繍バッジといったコンテンツは前述の通り市場にはまだ浸透していない状態です。
それはgogleの検索ボリュームからも量ることができます。
「缶バッジ」のボリュームが24,600,000件。「刺繍バッジ」のボリュームは6,570,000件と、約4分の1という結果となっております。一捻りしないとハマらないアイテムではありますが、まだ競争相手が少ない状態ですので、いま始めれば勝ち抜けるチャンスであるとも言えますね!


こちらは黒地に金糸を使用した家紋の写真です! 

通常のくるみ缶バッジにはない高級感が出ていますよね。手触りも良くずっと触っていたくなる点も刺繍の良さですよね!



5.まとめ


刺繍という手法の人気は確かなものがありますが、まだまだ商品展開はやりづらいというイメージがあります。だからこそ前述した通り、デザインやグッズの展開次第では経済ロットで回すことが可能であり、企画を通すうえでかなりチャンスをもった加工方法でもあります。


面倒なことはリアライズスタッフが徹底的にお手伝いさせていただきますのでお客様にはどうか自信を持って思い通りの企画を立てていただきたい。 どうぞお気軽にお問合せください!


高級感が出てオシャレに見せることができる「刺繍」は、是非とも仲良くお付き合いをしたいものですね。






株式会社リアライズ代表、佐藤正裕のツイッター元気に更新中です。

”どうせ無理”を世の中から無くすをモットーに自分の経験から見た人が良い仕事良い人生を送れるようになる為のコツや自身の悶え足掻く姿を皆さんに呟いています。


社長アカウントフォロワー限定のシークレットキャンペーンなども更新していきますのでぜひチェックしてみて下さい!

https://twitter.com/masa16310