catch-img

物販に最適なアクキーサイズは?2019年最も売れたアクキーの大きさ比較BEST 3。

前回、「57mm缶バッジがNo.1。2019年最も売れた缶バッジサイズBEST3」と題して缶バッジの人気サイズについて公開させていただきましたがいかがでしたでしょうか。


  57mm缶バッジがNo.1。2019年最も売れた缶バッジサイズBEST3。 企画や提案をする際に、どのサイズが人気なの?と聞かれるシーンも多いと思います。どのバックパーツが人気なのか、どの表面加工が好まれているのかなど、数字も含めて掲載いたしますので、最後までお読みいただくとより有益な情報を得ることができますよ! オリジナルグッズ製作所リアライズネット


多くの方に読んでいただき反響も大きかった事からあらためてアイテムの「大きさ」という要素に対する皆様の関心度合いを感じることができました。
そこで今回は、2019年にサイズ別で最も売れたアクキーということで、企画時に一番悩むことが多い「アクキーの大きさ」に焦点を当てて記事を書いていきたいと思います。

の前に”アクキーのサイズ別価格が気になる!”という方は下記の価格表をご確認下さい。
継続的にお取引いただける法人様には法人様価格でのご提供をさせていただいておりますので下記の価格を参考にぜひ継続的お取引のご相談をくださいませ。

アクキーサイズ別価格表

それではランキングの前に接続パーツの人気ランキング、印刷面の選択率についてご紹介いたします。

目次[非表示]

    1. 0.1.接続パーツランキング
    2. 0.2.片面プリント?両面プリント?印刷面選択比率
    3. 0.3.第3位 3cm角サイズのアクキー
    4. 0.4.第2位 6cm角サイズのアクキー
    5. 0.5.第1位 7cm角サイズのアクキー
    6. 0.6.まとめ



接続パーツランキング


基本仕様であるナスカン、ボールチェーンはとても多い割合を占めていますね。ストラップが少ない要因は、アクキー本体のサイズによっては取り付けすることができない可能性があるからと考えられます。どんなサイズにも付ける事ができるナスカンを無難に選ぶ傾向がありますね。

ナスカン、ボールチェーン、ストラップは基本仕様アップ単価なしでご選択いただけます。

ナスカンハート、ナスカン星、カニカンは、+@10円で選択可能となっております。

特殊ナスカンの、ハートナスカン、星形ナスカンは、付けているだけで
特別感を演出できるのでここぞという商品でご使用いただくことをおすすめいたします!


片面プリント?両面プリント?印刷面選択比率


弊社は、アニメ・音楽関係物販の製造を多く行わせていただいており、なるべくコストも抑えたいという要望をいただく機会が多くあります。

片面プリントに対して、両面プリントのコストは平均して1.3倍程度が上がります。その為、片面プリントを選択する比率が多いと考えられます。

また、両面用のデザインを作ることが難しいというイメージから片面を選ぶ方も多くいるようです。

「弊社では、データ作成は無料でやらせていただいております!データに自信のない方でもスタッフが丁寧に対応をさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください」※カットライン、白版製作。

それでは、いよいよサイズランキングに移っていきたいと思います!



第3位 3cm角サイズのアクキー


■総製造数:81,292個


■接続パーツ内訳

 ボールチェーン :17,312個
 ナスカン       :16,932個
 ストラップ      :6,348個
 カニカン       :3,962個
 ナスカン(星)    :1370個
 ナスカン(ハート):860個


■印刷面内訳

 両面:41,920個
 片面:39,372個

サイズ表記からお分かりになるようにミニアクキーに分類される、3cm角アクキーが第3位となりました。1000個のご発注で@98円と、100円を切るコストの低さが人気を呼んでいると考えられます。

注目いただきたいのは、印刷面の比率です。全体では圧倒的に片面が多かったにも関わらず、
3cm角アクキーでは、両面印刷の方が多い結果となりました。これはとても興味深いですね。3㎝サイズのように安く作れるのであれば両面で作りたいというニーズは強いということがうかがえます。

3cmアクキー / 1000個 / 両面プリントであれば、@127円と30円未満で製作可能となっています。



第2位 6cm角サイズのアクキー


■総製造数:108,681個


■接続パーツ内訳

 ナスカン              :73,791個
 ボールチェーン    :25,215個
 ナスカン(星)        :7,860個
 ストラップ           :1,395個
 ナスカン(ハート)  :300個
 カニカン              :120個


■印刷面内訳

 片面:92,706個
 両面:15,975個

第2位は6cm角アクキー! 5cm角のアクキーはちょっと小さいから一般的な大きさにしたいというお客様に圧倒的な支持をされている大きさです。これぞ、ザ・アクキーといえるスタンダードな大きさのアクキーとなっています。「普通でいいんだよね」というお客様に真っ先におススメしたい大きさ・サイズとなっています。この大きさだと片面と両面の比率では圧倒的に片面が多くなるのでも注目です。



第1位 7cm角サイズのアクキー


■総製造数:145,735個


■接続パーツ内訳

 ナスカン           :100,573個
 ボールチェーン   :41,432個
 ナスカン(星)  :2,460個
 ナスカン(ハート):300個
 ストラップ        :150個


■印刷面内訳

 片面:139,664個
 両面:6,071個


第1位の7cm角サイズのアクキーは、大きいサイズのアクキーが作りたいけど、コストを抑えたいという方におすすめなサイズとなっています。

比較画像のように7cm角アクキーと6cm角アクキーではパッとした見た目でこれだけ大きさに差があります。1000個のご依頼で、6cm角アクキーは@198円という金額に対して、7cm角アクキーは@215円。僅か17円でこれだけのインパクトを与えることができる部分もおすすめのポイントです。

※ちなみに8cm角サイズアクキーは、1000個の製造で@257円と、7cm角サイズのアクキーと比べると差額42円となっています。



まとめ

いかがでしたでしょうか。1cmという僅かな大きさな違いと感じがちなアクキーのサイズですが、まとめてみると、「用途によって」「予算によって」と明確に選ばれる大きさには違いがありそうですね。

気になるのは、来年以降のアクキーの需要ですが、下記の記事は弊社代表が書いたブログです。大きさとはまた違った観点でアクキー・アクスタの今後の需要予測がありますのでぜひご覧下さい。

  グッズ担当者様がアクリルキーホルダーのオリジナル製作を最大の武器にした方が良い理由 | 日本キーホルダー工業 Nuxt.js project https://keyholder.bz/media/p/302


こちらの記事にあるように、アクキーの需要は衰えることなく、伸び続けると予想できます。下のグラフは、アクキー製造数の推移です。


17年:89,049個  18年:305,401個  19年:655,723個

16年の末にUV印刷機、レーザーカッターを導入した弊社ですが、グラフの通り、年々製造数を伸ばしてきています。お客様へ製造環境を周知させたということだけでなく、世の中の動向が大きく起因していると考えられます。また年々アクキーの大きさで言うと人気の動向が大きいものに移っていっていることも感じています。


株式会社リアライズでは、製造力強化の為、今後もアクリルキーホルダーの設備を整えていく所存でございます。
来年も多くのアクキーのご注文お待ちしております!
人気急上昇中のアクスタの大きさについても来年以降解説をしていきたいと思います。



2020年10月追記:
本記事執筆より約1年が経ちまして新たにRolandさんのUVプリンターであるLEF2-200を2台、GCCさんのレーザーカッターを1台、追加導入することが決まりました。年々大きさへの関心が高まっていることを感じていますが、こうして増設することはアクキー、アクスタの制作依頼が増えていることでもあり、コロナの中でもこうして多くのご注文をいただけていることに感謝いたします。


株式会社リアライズ代表、佐藤正裕のツイッター元気に更新中です。

創業からの12年で得た知見や良い仕事をし良い人生を送るためのアイデアをつぶやいています。

仕事ができる人は頭が良い人ではありません。ではどんな人か?一緒に探していきましょう!

https://twitter.com/masa16310




人気記事ランキング

タグ一覧