catch-img

今投稿した画像が瞬時にグッズ化! 在庫リスク“0”の缶バッジ販売システム「CanRolls」

数年前からYoutube、Instagram、Twitterといったソーシャルメディアへ日々コンテンツを
投稿をするタレント様が増え続けております。


此度の新型コロナウィルスの騒動で、活動自粛といった余波を受け
個人での発信が増え続けているといったデータも統計的に明らかになってきております。


世の中全体にコンテンツが増え続けている状態になっていると言い換えることもできますね。


そんなコンテンツを上手く活用することができる「CanRolls(キャンロールズ)」というサービスを
今回は紹介させていただきます。

目次[非表示]

  1. 1.CanRolls(キャンロールズ)とは
  2. 2.CanRolls(キャンロールズ)のサービス内容
  3. 3.CanRolls(キャンロールズ)のサービスの流れ
  4. 4.CanRolls(キャンロールズ)の活用事例
  5. 5.まとめ


CanRolls(キャンロールズ)とは


CanRolls(キャンロールズ)とは、Instagram、カメラロールの写真を缶バッジにするサービス「CanRoll」をベースとする アーティスト、ビジネス向けの缶バッジWEB販売システムです。


“アーティストの日常がグッズに”をコンセプトに作られたサービスで、
まさに今のこの状況だからこその商品となっております。



CanRolls(キャンロールズ)のサービス内容


・画像を登録するだけで販売可能に
 アップロードした画像は、6個セット、3個セットの 缶バッジ・マグネットセットにして販売いたします。画像や並び方など自由カスタマイズできる、革新的な商品です。



CanRolls(キャンロールズ)のサービスの流れ


・独自アカウントCanRollsを開設し、画像をアップロードします。

※公式サイト、SNSでの宣伝などで集客をお願いいたします。
※ご開設はご契約書を交わしたのち、約1ヶ月のカスタマイズ期間を頂きます。


・登録された画像を選んで、お好きな缶バッジ、マグネットの 6個セット、3個セットを注文。作ったセットは、お客様にSNSでの拡散を促進いたします。


・注文があったセットを製作、お客様に発送。

※カスタマーサポートもCanRollsがすべて行います。
※ご注文から発送までは通常7営業日〜10営業日を頂いております。 


CanRolls(キャンロールズ)の活用事例




まとめ

CanRolls(キャンロールズ)は、「普段通り撮った画像をアップするだけ!」というシンプルな運用方法が最大の魅力となっています。これでCanRollsには最新のコンテンツが更新されていき、ファンへ発信がされていきます。


発信者とユーザーの距離をグッと縮めてくれるサービスCanRolls(キャンロールズ)を是非、活用してみてはいかがでしょうか。