catch-img

お客様、従業員の安全・安心を買える「飛沫感染防止PETクリアパーテーション」のご案内

新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止に役立つ、「飛沫感染防止PETクリアパーテーション」の販売を開始いたしました。


「afterコロナ」ではなく、「withコロナ」という言葉が生まれ世間では話題になっていますね。
コロナウィルス騒動が収束した後の事を考えるのではなく、常にそういったリスクがある中でどのようにそのリスクと共存していくか、ということを考えていく必要が出てきております。


新型コロナウイルス(COVID-19)騒動が始まり、公共施設の扉やドアノブを触るコトを躊躇している自分がいることに気が付きました。些細な気付きではありましたが、これまで気にも留めていなかったことを気にし、配慮し続けなくてはいけない社会が今、目の前にあるのだと強く感じる出来事でした。


緊急事態宣言が解け、新型コロナウィルス(COVID-19)に対する脅威が過ぎ去ったとしてもあらゆる感染症に対しての警戒心が解きほぐされることはなく、これまでは当たり前にあった風景がガラリと変わり、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で始まったことが定着化することも容易に想像ができます。


そうした中で、店舗・受付窓口・対面カウンターなど接客を行う場所の飛沫感染対策防止用や、製造業やオフィスでも活用可能でリスクを抑え、なにより安心感を頂かせてくれる「飛沫感染防止PETクリアパーテーション」を開発いたしました。

目次[非表示]

  1. 1.飛沫感染防止PETクリアパーテーションとは
  2. 2.アクリルパーテーションとの違い
  3. 3.飛沫感染防止PETクリアパーテーションの種類・価格について
  4. 4.まとめ


飛沫感染防止PETクリアパーテーションとは

これまで対面のやりとりをしている際、空中に漂って相手に付着してしまっていたであろう
飛沫をブロックして、感染防止の期待ができるパーテーションになります。


アクリルパーテーションとの違い

PETクリアパーテーションの類似品として、アクリルパーテーションというモノもございます。
こちらの商品の違いについてメリット・デメリットを挙げ説明いたします。


アクリルパーテーションのメリット
・安価であること。
・透明度が高く色あせが少ない。


アクリルパーテーションのデメリット
・壊れ(割れ)やすい材質である。
・曇りやすく手入れが大変である。
・静電気が発生しやすく、埃が付きやすい。
・可燃性があり、扱う場所を選ぶ材質。


PETクリアパーテーションのメリット
・壊れ(割れ)にくい材質である。
・曇りにくく手入れがしやすい。
・自消性がある安全な材質。


PETクリアパーテーションのデメリット
・高価であること。
・透明度は高いが、屋外で使うと色あせる可能性がある。


このようなメリット・デメリットがございます。
「この日だけ使いたい!」といった短期的な用途であれば、安価なアクリルパーテーションがおススメになります。日々の業務で使用するなど、長期的に使用することを考えるのであれば、管理もしやすいPETクリアパーテーションがおススメです!


飛沫感染防止PETクリアパーテーションの種類・価格について

受付窓口や対面カウンターといった事務作業におススメの「センター開口(Aタイプ)」と、スーパーやコンビニといった店舗でのレジ作業におススメの「下部開口(Bタイプ)」の2種類ご用意をさせていただきました。

センター開口(Aタイプ)

全開口(Bタイプ)


※ホームセンター、量販店、チェーン店などへ卸すなどの一括仕入れについては、別途お見積りをさせていただきます。
※在庫は日々流動的に変化いたしますので、種類によっては欠品の可能性がございます。


まとめ

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で心への負荷がとても高まっています。
少しでも安心・安全な環境を用意できる「飛沫感染防止PETクリアパーテーション」は、大切なお客様、従業員、そしてご自身を守る為に必ず必要な設備となります。


現在、早急に新型コロナウイルス(COVID-19)の対応をしないといけない事業者様もそうですが、今後の事を考え、あらゆるリスクの対応をしていかないといけない方にも是非検討をしていただけますと幸いです。


卸販売も可能ですのでぜひご相談くださいませ。


今後も社会における様々な課題を解決できるアイテムの開発を進めてまいります。