catch-img

アクキーの提案?いえ傘です!これから流行るアンブレラマーカーが凄い3つの理由。

今年の梅雨はとても長く、都内では悪い天気が続いていますね。
学生時代、屋外の部活動をしていた筆者としては、雨はとても良い天気と呼べましたが一般的に雨はやはり嫌なものですよね。

そんな雨の日に活躍するものと言えば、そう「傘」ですね。
都内では、雨が降ると1日で100万円近くコンビニの傘が購入されるらしく、
時代や季節に関わらずニーズの高い商品と言えます。

そんなビニ傘ですが、透明だったりホワイトだったりと代わり映えがせず、
傘置き場に置いておくと自分のモノがどれか分かりずらかったり、間違えて持っていかれてしまったりしますよね。そしてビニール傘といっても700円程度しますし、雨の度に購入するのは大変ですよね。そういった悩みから解決できるオリジナルアイテム。

先日の商品情報掲載から多くのお問合せをさっそくいただいています。

アンブレラマーカー

そう、傘につけるマーカーとして今後注目され定番化していくであろうアンブレラマーカーを本日はご紹介いたします!



目次

1.アンブレラマーカーとは
2.アンブレラマーカーが優れる理由1:アクキーよりもノベルティ・販促に最適
3.アンブレラマーカーが優れる理由2:低コスト小ロットで製作できる数少ない販促アイテム
4.アンブレラマーカーが優れる理由3:商材としての認知があまり進んでいない。
5.まとめ


1.アンブレラマーカー(傘マーカー)とは


若者がマイ傘を持たない傾向になっていることをご存じですか?スマートホンを操作しづらい、置く場所に困る、という理由から傘を持ち歩かない若者が増えているそうなんです。
傘に関するこんな記事もありました。

  傘を持たない若者が増加か スマホやたたみづらさなどが背景に? - ライブドアニュース 24日のラジオ番組で、アナウンサーが若者の「傘離れ」を指摘した。若者は片手にスマホを持っているから、持ちたくないのかなと推察。別の出演者は、傘をたためない若者が多いのかもしれないと話した ライブドアニュース


そして、2018年頃から傘レンタルのサービスも生まれ始めています。やはり世の中のトレンドが変わると新しいサービスが生まれる、というのを実感しますね。

こういった背景から自分が今使ってる傘に目印としてマーカーがあると便利だというニーズが生まれ、そのニーズを満たすべく生まれたアイテムが

アンブレラマーカー

なのです。

このアンブレラマーカー、どういったオリジナルグッズかと言うと、ダイカットされたアクリルチャームに半透明のシリコンリング(内径:15mm)を取り付けたアイテムです。
自分が今日使っている傘にアンブレラマーカーを取り付けることで、目印の役割を果たしすぐに自分の傘を見つけることができます。
シリコンリングは伸縮性のある素材なので、様々なものに取り付けることが可能な便利グッズです。


実際の傘へは、下の図のように取り付けることが可能です。



2.アンブレラマーカーが優れる理由1:アクキーよりもノベルティ・販促に最適

アクリルキーホルダーは、その絵柄やデザイン性が良くないと身に着けてもらうことが難しい商材です。しかし、アンブレラマーカーであれば、「一目でわかるような目印にする」という具体的なメリットがある為、たくさん置いてある「傘」の目印になるという目的がある為、日用品の付属アイテムとして使用してもらいやすいアイテムとなっております。



3.アンブレラマーカーが優れる理由2:低コスト・小ロットで製作できる数少ない販促アイテム。


他の販促物と違いアンブレラマーカーの制作に採用されているUV印刷は、印刷時に版や型を起こす必要がない為、低コストかつ小ロットで製作することが可能です。3cm角内のサイズで1,000個以上であれば、激安の90円台で製作が可能となっております。また、接続パーツにカニカンをお選びいただき、アタッチメントであるシリコンリングを外せば傘マーカーからアクリルキーホルダーへと早変わり。
このようは2WAYの使用が可能ですほぼ同単価で製作可能なことからもアンブレラマーカーの優位性を企画時に訴えかけることが可能です。



4.アンブレラマーカーが優れる理由3:商材としての認知があまり進んでいない。

「商材としての認知があまり進んでいない」という記載をすると、あまり良いように聞こえませんが企画をする際はこういった商材の方がメリットがあります。
キャラクターなどのグッズ製造でもノベルティの企画でも常に言われることは「真新しいアイテムの企画提案はない?」ですよね?
ここまでアンブレラマーカーとアクリルキーホルダーとの違いに言及をしてきました。
この傘マーカーは、言ってしまえばアクキーと大きな違いがある訳ではなく、今後は同一視されていくアイテムかもしれません。
ただ、まだこの数年の間は認知も広がってないため語感の良さも相まって企画が通過していく確率は大幅に高い企画が立てられるのではないでしょうか。。それを証拠にDisneyのプーさんや、ムーミンといった人気BIGコンテンツでの商品化がされております。

そういった特集もいずれかのタイミングでさせていただければと思います。



5.まとめ

扱っているものは同じでも、言い回しやチョイスするワードを変えることで相手に与える印象は大きく変わりますよね。オリジナルグッズの領域でも、傘にマーカーをつけるなんて発想は少し前では考えもしませんでした。
こうして新しい価値はどんどん生まれていくのだと実感しています。「アンブレラマーカー」という言葉を使用して他商材と差別化を図り、企画成立をぜひ勝ち取ってください!



弊社では、営業マン+専属デザイナーが企画からデザイン、製造まであらゆるご要望のお答えする体制を整えております。無理難題歓迎!お問い合わせお待ちしております!





株式会社リアライズ代表、佐藤正裕のツイッター元気に更新中です。

”どうせ無理”を世の中から無くすをモットーに自分の経験から見た人が良い仕事良い人生を送れるようになる為のコツや自身の悶え足掻く姿を皆さんに呟いています。


社長アカウントフォロワー限定のシークレットキャンペーンなども更新していきますのでぜひチェックしてみて下さい!



https://twitter.com/masa16310




人気記事ランキング

タグ一覧